トップイメージ

ポリオワクチンの追加接種

昭和50年から52年に生まれたかたについては、ポリオ(小児まひ)の免疫を持っている人の割合が、他の年齢層に比べて低いことが厚生省(当時)の流行予測調査でわかりました。

・このため、昭和50年から52年生まれのかたは、ポリオが発生している国に渡航するときやお子さんがポリオの予防接種を受けるときに、ポリオの予防接種を追加(自費)で受けること(任意接種)をお勧めします。

・ポリオ(小児まひ)について
 ポリオに感染した人の便中にポリオウイルスが排泄され、これが口に入ることによって感染します。ウイルスに感染しても、90〜95%は何ら症状が出ないで免疫ができます。5〜10%の人はカゼ様症状を呈し、感染者の0.1〜0.5%に麻痺が現れ、永久に麻痺が残ったり、呼吸困難により死亡することがあります。

・ポリオの予防接種を受けられる医療機関は限られます。保健予防課にお尋ねください。

・乳幼児の集団接種会場では、受けられません。

問い合わせ先

保健所 保健予防課 健康増進班
電話:23−6180

サイトMENU

Copyright (C) 2007 パパも知って欲しい!岡崎市の育児・子育て All Rights Reserved.