トップイメージ

ボランティアサークルきらら(おもちゃ図書館)

 「おもちゃの図書館」は「障がいのある子ども達におもちゃの素晴らしさと遊びの楽しさを」との願いから始まった ボランティア活動です。子どもは遊びを通じて学びます。 子どもにあったおもちゃは、乳幼児期の子どもの発達を促します。

 しかし、障がいのある子ども達は遊びの機会があまりありません。また上手に遊べないため、親が良いと思うおもちゃでも興味を示さなかったり、すぐあきてしまいます。そうした子ども達に沢山のおもちゃを用意して、気に入ったおもちゃを選んで遊ぶ機会を提供し、家でも楽しく遊べるよう貸し出しをするのが「おもちゃの図書館」です。またボランティアとおもちゃで楽しく遊ぶ経験を通じて、子ども達は人と上手に関わることが出来るようになり、社会性も養われます。親御さんにとっても、情報交換をしたり友人を作ったりする場、心を開き肩の力をぬいて語りあえる場となっています。さらに普段親の注意が向きにくく、寂しい思いをしている兄弟姉妹にも楽しい遊び場となっています。

問い合わせ先

愛知県岡崎市 明大寺本町 1−2 岡崎市青少年センター 太陽の城 5階音楽研修室

電話:0564−24−2535

岡崎市おもちゃ図書館きらら

毎月第4土曜日の9時半から12時までです。

岡崎市おもちゃ図書館プチ

毎月第2第4水曜日の10時から12時までです。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 パパも知って欲しい!岡崎市の育児・子育て All Rights Reserved.