トップイメージ

出産祝金

 岡崎市では、お子様の誕生を祝い、健やかな成長を願って、安心して子育てを行なっていただけるように、3人目以降のお子様が出生された場合、出産祝金をお支払いします。

支給を受けられる方

 3人目以降で出生した子(以下「対象児」と言います。)を養育する父又は母で、次のいずれにも該当する方。

1.対象児の出生前1年以上引き続き市内に居住し、住民基本台帳又は外国人登録原票に記載又は登録されていること。

2.父及び母が市税及び国民健康保険料を滞納していないこと。

支給金額

対象児1名につき20万円

申請手続き

 支給対象となると思われる方は、市役所児童家庭課又は各支所にご相談のうえ、「出産祝金支給申請書」に、下記の書類を添えて提出してください。

添付書類

1.父・母・3人以上の子の戸籍謄本(外国人の方は登録原票記載事項証明書)

2.父及び母の納税証明書(完納証明書)又は非課税証明書

3.父及び母の国民健康保険料納付(完納)証明書(国民健康保険加入者及び喪失2年未満の方)

4.この他、必要に応じてその他の書類を提出していただく場合があります。

※戸籍謄本は、本籍地の市町村役場で交付されます。また、納税証明書、非課税証明書は市役所東庁舎1階1番窓口又は各支所で交付します。

※国民健康保険料納付証明書は、東庁舎1階10番窓口又は各支所で交付します。

※岡崎市で発行する上記書類の発行手数料は、出産祝金の申請に使用される場合無料となりますので、交付申請の時お申し出ください。

申請に必要なもの

申請される方名義の預金通帳、認め印

申請受付場所

市役所児童家庭課(東庁舎1階12番窓口)又は各支所

申請期限

 出産祝金支給申請書は対象児の出生の日の翌日から2年以内に提出してください。

出産祝金支払方法

 申請書提出後1ヶ月以内に支給の可否について通知いたします。支給決定後にご指定の預金口座に振込みいたします。

次の場合は支給が受けられませんのでご注意ください。

・対象児が、出生時、本市の住民基本台帳又は外国人登録原票に記録又は登録されない場合。

・出産祝金の申請前に対象児又は申請される方が、市外へ転出された場合。

・出産祝金の申請の期限は、対象児の出生の日の翌日から2年間です。この期間を経過すると、支給が受けられません。

「3人目以降」とは、次の場合をいいます。

・対象児の父又は母に養育されている子の3人目以降で、1人目、2人目の子は年齢や、実子か養子かは問いません。

・養育していたが、独立した子や亡くなられた子は、1人目、2人目として数えることが出来ます。

・外国籍の子で、国外に居住している子は、1人目、2人目として数えることは出来ません。

問い合わせ先

児童家庭課児童助成班
電話:23−6150・6037

サイトMENU

Copyright (C) 2007 パパも知って欲しい!岡崎市の育児・子育て All Rights Reserved.