トップイメージ

児童手当

 小学校6年生まで(12歳に達した後最初の3月31日まで)の児童を養育している方に支給されます。

手当の対象となる方

 小学校6年生まで(12歳に達した後最初の3月31日まで)の児童を養育している方です。ただし、所得制限があります。前年(1月〜5月までの月分の手当については前々年)の所得が一定額以上の場合には、手当は支給されません。

支給額(月額)

第1子:5,000円 (3歳未満=10,000円)

第2子:5,000円 (3歳未満=10,000円)

第3子以降:10,000円

支給月

 2月支払(10月〜1月分)

 6月支払(2月〜5月分)

10月支払(6月〜9月分)

それぞれの月の10日に指定された口座へ振込みます。

※ただし、10日が土・日・祝祭日にあたるときは前日の営業日となります。

児童手当の申請をしてください

申請手続き

 支給対象となると思われる方は、「児童手当認定請求書」を提出してください。

 この他に必要となる書類を提出していただく場合は、窓口でご説明します。

※公務員の方は、勤務先で手続きをしてください。

申請に必要なもの

・請求者名義の預金通帳

・認め印

・請求者の健康保険証のコピー

 このほかに必要なものがあれば申請時にご案内します。

申請受付場所および時間

市役所児童家庭課(東庁舎1階12番窓口)または各支所

・午前8:30〜午後5:15

※ただし、市役所閉庁日は除きます。

《時間中に窓口へ来られない方へ》

 電子申請もご利用いただけます。

 (参考→あいち電子申請総合窓口)

※児童手当は、認定請求をした日の属する月の翌月分から支給されます。

※ただし、出生、転入の日が月末の場合や、災害などやむをえない理由で認定請求できなかった場合は、その後15日以内に認定請求をすれば、出生等の日の属する月の翌月から支給されます。

 前年、所得制限を超えたため手当が受けられなかった方は、毎年5月に再申請をしてください。(所得額によっては、手当が受けられるようになります。)

手続きをした後は・・・

 認定請求書及び必要書類を提出した後、概ね1ヵ月後に審査結果通知書をお送りします。通知書が届かない場合は担当までお問い合わせください。

現在受給中の方へ、このようなとき、手続きが必要です

・新たに児童が出生したとき、額改定の請求をしてください。

・振込口座の変更のあるとき、銀行変更の届出をしてください。

・岡崎市外へ転出するとき、支給事由消滅の届出をしてください。

・養育している児童と別居したとき、届出をしてください。

・特例給付受給者の方が退職したとき、支給事由消滅の届出をしてください。

 (所得制限により、支給事由が消滅します。届出が遅れますと、お支払いした手当を返還していただく場合があります。)

※児童手当を受給中の方は、続けて手当を受けるために、毎年6月に「現況届」を提出する必要があります。「現況届」の用紙は、毎年6月上旬にお送りします。

問い合わせ先

児童家庭課児童助成班
電話:23−6150・6037

サイトMENU

Copyright (C) 2007 パパも知って欲しい!岡崎市の育児・子育て All Rights Reserved.