トップイメージ

肢体不自由児施設

 上肢、下肢又は体幹の機能の障害のある児童を治療するとともに、独立自活に必要な知識技能を与えることを目的とする施設。(児童福祉法第43条の3)

愛知県立心身障害児療育センター第二青い鳥学園

施設の所在

444-3505

岡崎市本宿町字柳沢5の1

電話:0564-48-2831

特徴

定員:入園部門120名 通園部門20名

・児童福祉法に基づく肢体不自由児施設であるとともに、医療法による病院でもあります。

・発達障害やその疑いのあるお子さんに対する診療、治療、リハビリテーション医療、療育相談や整形外科疾患を有するお子さんの専門的治療を外来診療として行っています。

・運動発達障害のあるお子さんに対して、入園療育、通園療育、短期介護事業を行っています。

・整形外科疾患を有するお子さんの手術療法、装具治療を目的とする入院、入園治療を行っています。

・各種医療福祉制度の指定医療機関として、その役割を果たしています。

・園児は、隣接されている県立岡崎養護学校に通学し、治療と同時に教育も受けることができます。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 パパも知って欲しい!岡崎市の育児・子育て All Rights Reserved.